データベースを使わずに静的なCakePHPサイトを構築する方法

データベースやプログラミングを必要としない静的なウェブサイトを制作する場合でも、予めフレームワーク(CakePHP2.x)でサイトを構築しておけば、後から会員制サイトに変更したり何らかのデータベースを提供するときに便利。

DATABASE_CONFIGクラスの$defaultをdatasourceに変更する

※参考:CakePHP2.xでデータベースを使わない開発の設定方法

class DATABASE_CONFIG {
	
	public $default = array('datasource' => 'without');
	
	// デフォルトのソースコードをコメントアウト
	/*
	public $default = array(
		'datasource' => 'Database/Mysql',
		'persistent' => false,
		'host' => 'localhost',
		'login' => 'user',
		'password' => 'password',
		'database' => 'database_name',
		'prefix' => '',
		//'encoding' => 'utf8',
	);
	
	public $test = array(
		'datasource' => 'Database/Mysql',
		'persistent' => false,
		'host' => 'localhost',
		'login' => 'user',
		'password' => 'password',
		'database' => 'test_database_name',
		'prefix' => '',
		//'encoding' => 'utf8',
	);
	*/
}

datasourceに指定するダミークラスを新規作成

$defaultに指定したDataSourceクラスを作成。

class Without extends DataSource {
	public function isConnected() {
		return true;
	}
}

Pages/に適宜ビューを作成

静的ページの分だけビュー(.ctp)を作成する。

//ページのコンテンツ
・
・
・

ルーティングを変更

URLからコントローラーの部分「pages/」を消すためにルーティング設定する。
※http://localhost/pages/test → http://loalhost/test

Router::connect('/test', array('controller' => 'pages', 'action' => 'display', 'test'));

おすすめiPhone/iPadアプリ

1分程度でサクッと遊べるトランプの無料アプリです。
簡単な足し算を繰り返すことで、脳トレ効果も期待できます。
通勤・通学の時間つぶしにどうぞ!


Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です